ちいばあちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 父逝去

<<   作成日時 : 2010/08/07 23:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 8月5日朝、父が息をひきとった。 87歳だった。

 「最近飲み物も喉に詰まらせるようになったので食事をさせるのがこわくて・・・」
と母から聞いたので、様子を見に行こうと思ったその日の朝だった。

 朝家族が出勤した後、母が父の顔を拭いて10分程たった時、父は呼吸が止まっていたそうである。
苦しむ様子もなく、静かな最期だったようだ。
 前日はいつものようにデイサービスにも出かけ、お風呂にも入ったという。
ここ半年は足が痛み歩くことも出来なくなり介護をしていた母や妹もそろそろ限界に達していた。

脳梗塞、前立腺癌・・・の病気と付き合いながら、ここまで頑張った父。
現在の医学にも感謝するし、介護をしている母の手助けをしてくれたケアマネージャーやヘルパーの皆さんにもお礼をいいたい。

  昨日は納棺の儀を行った。
長年ヘルパーの仕事をしていたのに自分の親の体は一度も清拭をしてあげることがなかった。
ものすごく細くなってしまった父の冷たくなった手を拭いて数珠を握らせたとき、涙が出た。

  

  火葬場が混み合っていて葬儀は9日になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご愁傷様です。
私は両親とも他界しました。父の時は(30年前で、父が先でした)看護婦さんが電気毛布をかけて、コントローラーを最高にしているのに握っている手がだんだん冷たくなっていくことに恐怖と悲しさに涙がボロボロ出たのを思い出します。
家族が往くのは辛いですね。
ドン カミサク
2010/08/08 16:05
ドン カミサク様、コメントありがとうございます。
親はいつまでもいて欲しいものです。
ちいばあちゃん
2010/08/10 00:07
父逝去 ちいばあちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる